2017年11月19日

敷居づくり

CIMG0124 (640x480).jpg
今回の敷居は既存材料と同じ桧の敷居に決めました。
後は古民家風に着色と竹の式滑りを取り付ければ出来上がりです。

posted by 建築小僧 at 20:50| Comment(0) | 大工道

2017年11月08日

古民家

縁側の床材裏に大工さんの記録が残っていました。
明治13年辰年 黒田村の大工●●さんが建てたみたいです。
黒田村の場所は判るので今も●●大工さんの子孫が大工をしているのか知り合いの大工に当たってみようかな〜
もし、何代目かの大工が居たらこの床板を持って会いに行こうかな?希望はがんばって大工を続けていてほしいです。CIMG0095.JPG

posted by 建築小僧 at 20:15| Comment(0) | 大工道

2017年11月04日

和釘

築100年以上の古民家改修、なかなか見ることがない和釘です。
以前別の工務店が床を直しているようですが米松の根太を使って乾式的な補修の跡が残っています。残念もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
古民家改修で床下地に外材を使っているような会社は要注意!!

何十年後かに床をめくった大工さんが「やるな!」と感心してくれる仕事をしていきたいです。(*^^)v
CIMG0084 (480x640).jpg



posted by 建築小僧 at 20:05| Comment(0) | 大工道